ウェブページ

無料ブログはココログ

« maneyの羅針盤 | トップページ | EVOLTA »

2012年12月 8日 (土)

ポジティブシンキング

メンタルヘルス(産業医)   政経マネジメント塾

論語  55語

リーダーを目指す人間  ポジティブシンキングをよくもっているといわれるが

(例) ネガティブ  3時間しか寝られない、どうしよう 病気になるのでは

             マイナス思考 どんどんマイナスのお化けになる

    ポジティブ  3時間も寝られた 明日からも頑張るぞ

 

      福沢諭吉の有名な言葉

         考えが変われば。。。

             心も体もよくなる

ポジティブばかりではなく  ネガティブ面を反省点として

病気をした医師は、とてもよいお医者さんになれる。

苦労したリーダーは人の痛みがわかる。

不足の自体に動じない考え方ができるようになる

工夫や知恵を習慣しておくこと

  自分に完璧さを求めない、 心を健康に保つためにはほどほどにしておくこと

           野口ゆきお  8割原則  物事は8割をめざすのが良い。 ほどほど 適当なところで切り分ける

           論語の過ぎたるは及ばさるはごとし

   人と比べない たまたまそばにいる人と比べて 

             いかりとねたみと愚痴  人の三属にむしばまれてしまう

             スポーツ心理学  自分の敵は自分

             人は人 自分は自分

いざという時に備えておくこと

            人に話して客観的な意見を聞く  安心感

            いざというときの備えとして相談相手を作っておくことが大事

            日本の会社でもメンター制度 (信頼できる相手をメンターという)  

               別の部署の方  直接指示を出すのではなく 方向性 課題を当てながら成長させる

迷い 悩んでしまった場合 物事がうまくいかなかったとき

     ひとりで悩みこまない つらいと言いましょう  助けを求める=楽になる

         → 企業戦士 自負心が強い人間ではこれがない

            責任ある立場のある人 仕事や家族病気で休職

           助けてもらったら恩返しをすればよい。

            こころのエネルギーが低下したときには大切なことは決めない。 → 判断が誤ることが多い

           判断遅延の法則 先に延ばすと解決策を思いつく可能性 心が落ち着いてから決める。

      人を許そう

           人を許すのは大変  修行のようなもの

           許すのは  思いやり  自分人のために相手を許す  

           憎しみからは何もプラスのものは得られない。

           人を恨むことは 過去の束縛をときはなせず、自分の未来を築けない

           ごめんなさい ありがとうをいう

 

    自分の上司からガミガミいってストレスが溜まって大変だ→ その上司及びその上司の上司も大変なのかも

     ゆるす 恕

物事がうまくいかないとき

    自分で自分をほめてあげよう  有森ゆうこ  松下幸之助   ちょっとでも自分をほめてあげれば長い時間をかければ

   自分の短所を長所へ置き換え

       ネガティブ=臆病  ポジティブ=慎重

    問題の対処  冷静になって何が問題なのか紙に書きだす。

              あけない夜はない。

              試練は必ず解決できる。

              けして欲張らずに  シンプルに

人は既成概念にとらわれている  ネガティブに入るとそこから抜け出せない ポジティブへ切り替える。

決して強いだけのリーダーではなく人間性をもった

岩崎育成文化財団の 政経マネジメント塾の ホームページに書いてある。

    地方主権

 

インターローカルメディア

 

 

« maneyの羅針盤 | トップページ | EVOLTA »

TV」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポジティブシンキング:

« maneyの羅針盤 | トップページ | EVOLTA »